福岡空港の駐車場の特徴

福岡空港の駐車場の特徴

福岡空港といえば、全国でもまれな街中にある空港として有名です。

ここからは地下鉄ですぐ天神や博多といった都心部に出ることも可能ですし、出張が多いビジネスマンにとってはうれしい空港と言えます。

では逆に地元の利用者はどうなのでしょうか?福岡という都市は地下鉄、バスといった交通網も整備されていますし、空港へのアクセスは便利と言えますが、九州はやはり車社会。

車がないと行きたいところにすぐ行けるというわけではありません。

そこで福岡県内の方や佐賀県といった近隣の県の方が福岡空港を利用する際は駐車場を利用することになるのですが、都市部にかなり近いところに空港があるということもあり、駐車場の料金が近隣の空港に比べて高額に設定されています。

しかし、少しでも駐車場料金は安くしたいというのが心理です。

そのようなときは福岡空港の近くの民間の駐車場を利用します。

こちらは比較的料金が安く設定されているので、長く駐車する必要がある方にとっては重宝すると思います。

熊本空港の駐車場について

九州の中心に位置する熊本県。

熊本空港は熊本市内から結構離れています。

熊本市内といえば市電が走っていることで有名ですが、空港まではつながっていません。

熊本市内から空港までのアクセスはリムジンバスか車で約40分になります。

地元の利用者の大多数はやはり車で空港に行くことになりますので、駐車場の利用は必須です。

駐車場の料金はやはり都心部に空港がある福岡空港と比べるとかなりリーズナブルな料金になっています。

関西空港の駐車場を利用

熊本空港まで車で行っていると分かるのですが、道に迷っていないかと錯覚するほど、周りに何もない山道を進んでいくことになります。

途中、空港が近くなると民間で運営している駐車場がいきなり出てくるのですが、福岡空港と比べて、熊本空港の駐車場料金自体が安いので、長期間駐車しない人にとってはそこまで劇的に料金が安くなるということにはなりません。

但し、空港の駐車場の料金は時間料金と1日料金を組み合わせたもので、近隣の駐車場は1日単位の料金になりますので、少しでも駐車場料金を少なく済ませたい方は、どちらが安くなるかシュミレーションしてみるのがオススメです。